家系図に入れたい家紋の決め方|家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成

家系図に入れたい家紋の決め方


古来より先祖代々伝わる「家紋」。図柄によって様々な種類があり、誰もが一目で見分けられる家紋は、家族や一族などの血縁者が共有するシンボルマークとして定着されてきました。先祖から自分に至るまで古くから伝わってきた家紋は、一体どのようにして決められていたのでしょうか。




家紋のルールについて

皆さんはご自身の「家紋」についてご存知でしょうか?現在では冠婚葬祭以外で目にする機会が少ないため、自分の家紋について知らない方がほとんどだと思います。また、古くから伝わる家紋には規則が定められているように感じますが、実は家紋の決め方に明確な規則は存在しません。

家紋を決める際、「父方の家紋を受け継ぐ」「女性は嫁ぎ先の家紋を使用する」という考えが一般的になりますが、近年では自分で新しくデザインをする方も増えています。さらに、家紋は役所に届出をする必要もありませんし、著作権も存在しませんので、既存の家紋で気に入ったものがあれば自由に選択することが可能です。


家紋を変更する際の注意点

家紋はご自身の希望によって変更することができますが、家紋を変更する際に注意していただきたいことがあります。それは「家紋が何代も前の先祖から受け継がれてきた」ということです。そのため「大切な子孫まで原型を伝えたい…」と願うのが先祖の本当の心情といっても過言ではありません。家紋を変更する際は安易に決めるのではなく、家族や親族の皆様と十分話し合いを行いながら慎重に決めることをおすすめします。



当事務所では家系図作成調査を行っています。費用を抑えて家系図を作りたい方におすすめのシンプルプランから、家系譜と家族の歴史年表を組み合わせたデラックスプランまでご用意しておりますので、目的や予算に合わせてお選びいただけます。

また、オプションに関しては「巻物」「額装」「フレーム」の家系図もございますので、見やすくまとめたい方にはおすすめです。全国送料無料になりますので、家系図の作成に関する業者をお探しの方はぜひ当事務所をご利用ください。


「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)

お問合せ 資料請求